アクセスアップを考えるSEOはヤフー・グーグルだけではありません。 ツイッター

不動産業界においても、インターネットは切り離せないものになりました。物件の情報が大切な不動産業界においては、インターネットの登場で流れを変えたと言われています。

ホームページは作っただけでは、集客につなげる事はできません。どの業種においても同じ事が言えるかもしれませんが、作ったホームページを目的の持った人・目的意識が一致した人が見て、初めて効果に繋がるものです。

つまり作ったホームページの露出の機会を増やす事が大切と言えます。以前は、検索エンジン(Google/Yahoo)のSEO対策を行っていれば、ある程度アクセスを確保出来ました。現在も大きな流れとしては変化はありませんが、2010年に「ソーシャルネットワーク」の存在が脚光を浴びてから、新しい流れも生まれています。不動産GATEは、ソーシャルネットワークツールの代表的なツイッターと連動する事も可能です。

更新情報はツイッターと連動する事が可能です。

ツイッターとの連動 標準SEOも対策済みです。 XHTML準拠のコーディング

検索エンジン向けに、標準のSEO対策を行っています。SEOには大きく分けて、外部要因と内部要因が存在します。外部要因は時間をかけて進めて行く事が多く、内部要因に関しては、制作段階からSEOを考慮した設計を行う必要があります。不動産GATEは、ご提供するホームページには内部要因のSEO対策は施工済みの状態で、お客様にご利用頂く事が可能です。

SEO対策済みの不動産業界向けホームページサービス

具体的は、内部要因対策として下記の事項を行っています。

 

キーワード率調整
キーワード率調整 目的に合ったキーワード率/1ページ毎の調整を行い、適切に検索エンジンに認識される仕組みを作ります。
サイトタイトル調整
サイトタイトル調整 サイトタイトルのキーワード調整を行います。SEOにおいて大変な重要ポイントになる部分で、適切に対策を行う事で効果が期待できます。
META
META要素調整 サイトの種類を、検索エンジンに伝える事が可能です。META要素を適切に調整致します。
アクセス解析 グーグルアナリティクス

ホームページは作ったけど、実際にどの程度アクセスがあるのか?

どんなページが一番見られているのか?ユーザーはどのようなキーワードで、サイトに訪れているのか?など、知りたいと思った事はありませんか?不動産GATEでは、アクセス解析サービス(グーグルアナリティクス)を導入頂くサイト全てに設置しております。アクセス解析を行う事で、WEBで行うべき戦略や、ユーザーのマーケティングに繋がる情報が見えて来ます。実際のデータを基本に、アクションをおこせばより良い方法を導きだせます。

 

 

目的別メニュー
アクセスアップを考える   物件登録方法を見る
   
WEBを使った集客を考える もっと便利に使う機能
機能別メニュー